doiemonのカルチャーライフ!

気ままなライフスタイル、カルチャーを安全に紹介します。

MENU

想像を超えたよ。「パラサイト」

 

パラサイト 半地下の家族(字幕版)

パラサイト 半地下の家族(字幕版)

  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Prime Video
 

こればっかりは予想できなかった。

映画館での不思議な感覚。

半地下で暮らす貧困層の家族。弱者である彼らが社会的にのしあがるにはこの方法しかない。

パンフレットにはポン・ジュノ監督からのメッセージが書いてある。

「本作を紹介する際に、できる限り兄弟が家庭教師になる以降の展開をネタバレしないでほしいです」 

監督はマジで熱烈にネタバレしてほしくないみたい。

だから極力内容のことは書かない。

日本に住む私達には関係ないことだけど、韓国でも様々な社会問題があって、その中で大きく問題視されているのが「格差」だといわれている。能力があっても、進学ができなければ高収入の職につくことはできない。このへんは日本と同じだ。

韓国では半地下に住んでいる人が実際に多くいるらしい。元々は戦争で作られた地下核シェルターだったはずの場所に普通の家の家賃も払えない人たちが住んでいるのが現状らしい。

 

映画としてのおもしろさがしっかりとある。

貧困問題、格差社会をテーマにしているが、雰囲気は重苦しいような内容ではなくコメディっぽくなっていて不快感やむずかしさはない。エンターテイメントとしてやはりレベルは高い作品だ。

 

ポン・ジュノ監督の作品は「グエムル」しか観たことなくて。だが、「グエムル」もただのモンスター映画じゃないところがすごいんだよな。

 

はっきりいってこれを観るまで、韓国映画には興味がなかった。ほとんどの作品を観てこなかった自分にとっては、「異質」とか「謎」みたいな感覚が浮かぶ作品だった。

 

これから他の作品も見てみようと思う。