doiemonのカルチャーライフ!

気ままなライフスタイル、カルチャーを安全に紹介します。

「ファーザー」認知症の恐ろしさ。

ファーザー(字幕版) アンソニー・ホプキンス Amazon 頑固な父親はすぐに介護士を追い返して、娘を困らせる。 すでに認知症が進行していることから、シーンが切り替わるごとに、認識していた周りの人物が変わり、整理がつかなくなる。平常心を取り戻すころに…

「火花」 又吉直樹

火花 (文春文庫) 作者:又吉直樹 文藝春秋 Amazon 売れない芸人の世界を美しい文体で華々しく描く青春小説。 あらすじ 芸人の徳永は営業先でたまたま一緒になった別コンビの神谷の破天荒な姿に衝撃を受けて弟子入りを志願する。しだいに徳永のコンビは売れは…

Kindole本

スプラッシュ マンション (PHP文芸文庫) 作者:畠山 健二 PHP研究所 Amazon 笑うことは大事だ。どんな些細でくだらないことだとしても。 人間の感情の中で読み取ることが最も難しいのは笑いだろう。価値観や温度感での違い。その人の置かれた場所や境遇によっ…

高貴な街角。

麻布や六本木という街は自分たちの肌に合う場所ではなかった。その日は雨が降っていて、雲も多い空の下を歩いた。自分は人より代謝がいいのか、地下鉄の階段を乗り降りしただけで、すぐに汗ばんでしまう。地下の通路は風が抜けないから嫌いだ。高貴な街は変…

歴史を感じるというより、居心地がいい場所。「池袋」

自宅からは遠く離れた街だけど、明るさと暗さの両方の顔を持つ街だなって思う。なにか特別なものがなくてもとりあえず寄る場所ってある。西口のベンチにはいろんな風貌の人が小休憩をしていて、想像力を膨らませてしまう。芸術劇場前のグローバルリングを見…

浮世絵風景画展に行ってきた(町田市版画美術館)

JRの町田駅から歩くこと数分。住宅街を離れると、小さな公園が見えてくる。日曜日の公園は子どもたちがたくさん遊んでた。この日も直射日光が厳しく、歩いているだけで額に汗が滲んできた。 公園を通り抜けていくと、立派な建物が迎えてくれる。町田市立版画…

短編小説「NO_TITTLE」

「自殺?」 「ああ、就活生が自殺したんだって」 俺は同僚の山岸がなぜ、そんなニュースを気にしていたのか不思議に感じた。 「就活生の自殺って前にもあったよな」 「それがさ、今回は自殺者の遺書が残されているらしいんだよ」 「遺書?」 俺は資産を持た…